日本語タイトル:為替レートとスイス経済

Exchange Rates and the Swiss Economy

執筆者 THORBECKE, Willem (上席研究員)/加藤 篤行 (金沢大学)
発行日/NO. 2017年4月  17-E-064
研究プロジェクト East Asian Production Networks, Trade, Exchange Rates, and Global Imbalances
ダウンロード/関連リンク

概要

セーフヘイブンを求めた資本流入や中央銀行の政策など、さまざまな要因によりスイスフランは大幅に変動した。こうした為替レートの変動は、医薬品や時計など、スイスの最先端分野の輸出量に影響を及ぼすことはないが、資本財や機械などのミディアムハイテク製品の輸出には影響を及ぼす。また、通貨の上昇は、医薬品・時計産業の株価や製品価格には影響しないが、資本財・機械製品分野の株価や製品価格は下落する。さらに、セーフヘイブンを求めた資本流入に直面するスイスやその他の国、また世界全体にとっての政策上の教訓をもって本稿の結びとする。

概要(英語)

Safe haven capital inflows, central bank policies, and other factors have produced large changes in the Swiss franc. We find that these exchange rate changes do not affect the volume of exports from Switzerland's most advanced sectors such as pharmaceuticals and watches, but matter for exports of medium-high-technology products such as capital goods and machinery. We also report that appreciations do not affect stock prices and goods prices for the pharmaceutical and watch industries, but cause both stock and goods prices to tumble for the capital and machinery goods sectors. We conclude with policy lessons for Switzerland, for other countries facing safe haven inflows, and for the rest of the world.