日本語タイトル:企業内キャリアにおける男女間格差

Gender Differences in Careers

執筆者 佐藤 香織 (東京大学)/橋本 由紀 (九州大学)/大湾 秀雄 (ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2017年3月  17-E-051
研究プロジェクト 企業内人的資源配分メカニズムの経済分析―人事データを用いたインサイダーエコノメトリクス―
ダウンロード/関連リンク

概要

男女間賃金格差に関する先行研究では、企業内における男女間の職務配置の差が賃金格差の主要因の1つであり、幅広い職務経験につながる仕事への配置には男女差があることが指摘されている。本稿では、日本の製造業企業の人事データを用いて、職務配置における男女差と賃金・昇進における男女差がどのような関係にあるのかを検証した。その結果、男女共に、事業所の移動を伴う異動(転勤)を経験することがその後の昇進確率と賃金の高さに関連することがわかった。さらに、女性においては転勤を経験することと昇進確率の高さが男性よりも強く関連していることが明らかになった。これらの知見は職場における女性への統計的差別が存在することと整合的である。

概要(英語)

Past literature has shown that job segregation by gender is one major cause of the widely observed gender pay gap and that there is also a gender difference in developmental job assignments for broader job experience. This paper examines how gender differences in job assignments are associated with the gender gap in pay and promotion using the personnel records of a Japanese manufacturing company. One of the major findings is that broader work experience through job transfers across establishments are associated with a higher promotion probability and future wages for employees of both genders, but this relationship is especially strong for women, which is consistent with the existence of statistical discrimination against them. Furthermore, according to our fixed effects model estimation of wage function, broader work experience leads to higher wages for men but not for women, implying that women accept promotions without pay raises much more often than men.