日本語タイトル:グローバル金融危機時の企業の運転資本管理

Working Capital Management during the Global Financial Crisis: Evidence from Japan

執筆者 鶴田 大輔 (日本大学)
発行日/NO. 2017年3月  17-E-045
研究プロジェクト 企業金融・企業行動ダイナミクス研究会
ダウンロード/関連リンク

概要

本論文は2008年以降のグローバル金融危機に焦点を当て、企業の運転資本の調整スピードを法人企業統計の企業レベルの四半期データを使って明らかにした。また、過剰に発生した運転資本が企業のパフォーマンスにどのような影響を与えるのかを分析した。世界的な大規模ショックにより急速に景気が悪化すると、在庫水準が過剰になったり企業間信用が収縮したりすることで、企業の運転資本が過剰になる。この過剰な運転資本の悪影響がどのくらい続くのかを明らかにすることが本稿の目的である。得られた結果は以下の通りである。第1に、ショック時において、企業の過剰運転資本の調整スピードが弱まることが明らかになった。この傾向は大企業において顕著であり、中小企業における調整スピードの弱まりは統計的に有意ではなかった。第2に、過剰運転資本と(経常および営業利益率で測った)企業パフォーマンスの負の関係はショック時において強まるものの、2009年後半には通常時と変わらない傾向が見られた。これはショック時の過剰運転資本の負の影響は1年程度で収まることを示している。第3に企業は過剰運転資本による資金不足を銀行融資や現預金の取り崩しにより対応しており、この傾向は通常時と危機時において特に変わらなかった。

概要(英語)

This paper demonstrates the adjustment speed of firm working capital and the relationships between working capital and firm performance in Japan during the recent global financial crisis. During this period, working capital possibly was excessive and therefore harmful to firm performance given the sudden decrease in sales. Using quarterly firm-level data, we find that the adjustment of working capital was weaker during the crisis. Moreover, the negative relationship between excess working capital and firm performance became more significant during the crisis, especially for larger firms. However, we find no evidence for similar observations after late 2009, suggesting that this crisis-related, working capital-firm performance effect does not last long. To finance excessive working capital, firms borrow funds from banks and reduce their internal cash during periods of both crisis and non-crisis.