日本語タイトル:日本の貿易収支の要因分解

Factor Decomposition of Japan's Trade Balance

執筆者 佐々木 百合 (明治学院大学)/吉田 裕司 (滋賀大学)
発行日/NO. 2017年3月  17-E-042
研究プロジェクト 為替レートと国際通貨
ダウンロード/関連リンク

概要

グローバル金融危機と東日本大震災によって、26年続いた日本の貿易黒字は終わりを迎えた。しかし、その後の2012年以降の日本円の減価期においても日本の貿易収支が赤字であることを説明するのは難しい。本稿では、1988年から2014年までの日本の輸出と輸入を相手国別・産業別に分解した価格指数と数量指数を複数の定義で構築、そのデータを用いて、相手国別・産業別の所得弾力性、価格弾力性、パススルー弾力性を推定した。推定結果からは、日本の貿易が所得弾力性とパススルー弾力性について構造変化を経験したことが示された。グローバル金融危機後には、日本の輸出は為替レートの変化に対する反応度が小さくなる一方、日本の輸入価格は円安に大きく反応し、輸入の所得弾力性は大きく上昇した。日本と世界の輸出の所得弾力性の違いは、ハウタッカー=マギー効果をもたらしている。日本の貿易収支の要因分解からは、ほとんど全ての要因が貿易収支の悪化に寄与していることが明らかになった。

概要(英語)

Hit by the global financial crisis and a great earthquake followed by a tsunami, Japan's trade balance has turned to deficit, ending its 26 years of trade surplus. However, it is puzzling that its trade balance has remained long in deficit even during the sharp depreciation of the yen beginning at the end of 2012. We construct several alternative indices for price and quantity, decomposed at the country and industry level, for Japanese exports and imports between 1988 and 2014. Income elasticity, price elasticity, and pass-through elasticity are estimated at the country and industry disaggregated levels. The estimated results support that Japanese trade experienced a structural change both in income and exchange rate pass-through elasticity. After the crisis, exports became more unresponsive to exchange rate fluctuations, whereas import prices rose more proportionately with the depreciation of the yen and income elasticity of imports rose sharply. The difference in income elasticity between Japan and the rest of world is reminiscent of the Houthakker-Magee effect and suggests that the trade balance of Japan is likely to deteriorate. The decomposition of Japanese trade reveals that almost every element shifted, resulting in the deterioration of the external balance.