日本語タイトル:グローバルバリューチェーンにおけるサービスの役割:日本のインバウンド観光を中心に

Global Service Value Chain in Japan: Inbound tourism cases

執筆者 小西 葉子 (上席研究員)
発行日/NO. 2017年3月  17-P-011
研究プロジェクト 経済変動の需要要因と供給要因への分解:サービス産業を中心に
ダウンロード/関連リンク

概要

近年、国内外問わずサービスの役割が大きくなっている。サービスはその同時性や無形性といった特徴からそれ自身の経済への効果も、生産プロセスの中に組み込まれた場合の効果も観察することが非常に難しい。特に2000年代に入って、国際的付加価値連鎖(Global Value Chains: GVCs)の枠組みで、各国が各生産工程の中でどれ位の付加価値を得ているかに関する研究が盛んになった。またOECDから国際産業連関表に基づくGVCsインデックスが公表され、広く国際比較が行われている。本稿では、まずわが国の財の生産過程におけるサービスの役割に焦点を当ててGVCsの現状を概観する。次に、サービス産業の提供(生産)工程のGVCsに関する研究を行う。分析対象としては、近年社会現象の1つとなっている訪日ブームに注目し、Gerreffi 他(2009、2011)に倣って日本の観光業のGVCs-Mapを作成した。加えて、現状の訪日ブームの経済波及効果の計測と、2020年および2030年の訪日外国人支出額の目標値が達成された場合の、経済波及効果の予測を行った。観光業は宿泊・交通・小売りなどのサービス産業のみならず、生産物購入を通じて製造業にも影響を与える裾野の広い業種であるため、わが国の需要増や新ビジネスの創出が大いに期待できる。

概要(英語)

Japanese manufacturers are becoming increasingly dependent on non-manufacturing functions such as sales, leasing, and after-sales services as their main source of value added in global value chains (GVCs). We discuss the role of services in GVCs in observing the service industry's contributions to exports and growth of the Japanese economy. The service industry affects trade and the global economy in two ways. One is by exports of services directly to partner countries. Another is through observation of the services embodied in the manufacturing process for parts, intermediate products, or final products, which is known as indirect trade. In this paper, we focus on tourism because of Japan's favorable tourism market, which has grown rapidly in recent years. Also, tourism has a unique feature known as high tradability service and affects various industries (e.g., transport, retail, wholesale, restaurant, agricultural production, cleaning, information communication, etc.). In order to understand Japan's tourism GVCs, we propose the GVC map following Gerreffi et al. (2011) and estimate the ripple effects of the inbound boom to the Japanese economy using the input-output (I-O) table conducted by the Ministry of Economy, Trade and Industry (METI).