日本語タイトル:関税、垂直寡占、市場構造

Tariffs, Vertical Oligopoly, and Market Structure

執筆者 荒 知宏 (福島大学)/Arghya GHOSH (University of New South Wales)
発行日/NO. 2017年3月  17-E-025
研究プロジェクト 貿易費用の分析
ダウンロード/関連リンク

概要

本論文では、垂直特化における市場の厚さが最適関税に対する影響を考察する。外延が固定されていて、内延のみが貿易政策に反応する外生的な市場構造においては、(外国の中間財市場に比べて)自国の最終財市場の方が厚いほど、自国の最適関税は高くなる。一方、外延も内延も貿易政策に反応する内生的な市場構造においては、この関係が覆り、自国の最終財市場の方が薄いほど、自国の最適関税は高くなる。また、同質財の外延と内延への関税の影響を分離して分析できることも示される。

概要(英語)

We study the impact of market thickness on the optimal tariff in vertical specialization. We show that, in the exogenous market structure where the extensive margin is fixed and only the intensive margin responds to trade policy, when the Home optimal tariff is higher, the thicker is the Home final-good market (relative to the Foreign intermediate-good market). In the endogenous market structure where both extensive and intensive margins respond to trade policy, this relationship is overturned and as the Home optimal tariff is higher, the thinner is the Home final-good market. We also show that our analysis has an advantage of separately deriving the impact of tariffs on the extensive and intensive margins of homogeneous goods.