日本語タイトル:要素集約度逆転の再検証

Factor Intensity Reversals Redux

執筆者 清田 耕造 (リサーチアソシエイト)/黒川 義教 (筑波大学)
発行日/NO. 2017年3月  17-E-021
研究プロジェクト 企業成長のエンジンに関するミクロ実証分析
ダウンロード/関連リンク

概要

これまでの実証研究では、国際間あるいは地域間での要素集約度の逆転(資本・労働比率の逆転)はほとんど発見されてこなかった。これは、要素集約度の逆転の実証的な重要性は理論的な興味に比べて低いというSamuelson (1951) の見方を支持する。しかし、本論文は、RIETIで整備されている地域レベルの最近のデータ(Regional-Level Japan Industrial Productivity (R-JIP) データベース2014)を用いて、実証研究において要素集約度の逆転を葬り去るのはまだ早いと主張する。具体的には、要素集約度の逆転の程度は先行研究で確認されているそれよりも大きく、かつ、過去20年間で大きくなっていることがわかった。さらに、産業細分類に基づく分析では、要素集約度の逆転の程度は一層大きくなる傾向にあり、要素集約度の逆転が多くあるとすれば、それは産業分類の集計の粗さが原因であるかもしれないという批判を弱める結果となっている。

概要(英語)

Little evidence for factor intensity reversals (i.e., reversals of capital/labor ratios) among countries or regions has been found in previous empirical studies. This supports Samuelson's (1951) view that factor intensity reversals are of theoretical interest rather than empirical importance. Using newly developed region-level data, however, we argue that the abandonment of factor intensity reversals in the empirical analysis has been premature. Specifically, we find that the degree of the factor intensity reversals is higher than that found in previous studies on average. Moreover, the degree of the factor intensity reversals has increased over the last two decades. Finally, the degree of the factor intensity reversals is higher when we use disaggregated industry-level data, weakening a possible criticism that several factor intensity reversals may be a result of the aggregation of industries.