日本語タイトル:メインバンクの変更が中小企業の倒産確率に与える影響に関する実証分析

Effects of Main Bank Switch on Small Business Bankruptcy

概要

本稿では、日本で設立された非上場の若い中小企業を対象にして、メインバンクの変更が中小企業の倒産確率に与える影響について分析する。本稿の分析における特徴の1つとして、メインバンクの変更を、変更前から取引関係にある金融機関への変更と、そうでない場合とに分けて、そのそれぞれが顧客企業の倒産確率に与える影響について分析している点が挙げられる。分析の結果、メインバンクの変更のうち、既存の取引関係にない金融機関への変更のみが、倒産確率を上昇させることが判明した。さらに、本稿では、メインバンクの変更が顧客企業の成長に伴う資金制約の緩和を妨げる結果、倒産確率が上昇するという示唆が得られた。以上の結果は、伝統的なリレーションシップ貸出に関する研究の理論的予想と整合的である。

概要(英語)

This paper examines the effects of main bank switching on the probability of small business bankruptcy by employing a propensity score matching estimation approach. We use a unique firm-level data set of more than 1,000 small and medium-sized enterprises (SMEs) incorporated in Japan; the firms are young and unlisted SMEs just after incorporation. We find that main bank switching increases the probability of firm bankruptcy. In addition, the result suggests that switching increases the probability of bankruptcy when firms switch to financial institutions with which they have not previously transacted. This result may be because such switching worsens the financial conditions of client firms. We also find that the result holds only when the ex-post main banks are not descendants of their ex-ante main banks.