日本語タイトル:日本円の衰退と米ドルの慣性

Declining Japanese Yen and Inertia of the U.S. Dollar

執筆者 小川 英治 (ファカルティフェロー)/武藤 誠 (一橋大学)
発行日/NO. 2017年3月  17-E-018
研究プロジェクト 為替レートと国際通貨
ダウンロード/関連リンク

概要

ユーロが1999年にEUの一部の諸国に導入されたのちでも米ドルは世界経済における基軸通貨の地位を維持している。それはまさしく米ドルの基軸通貨としての慣性の証拠である。我々の先の研究(Ogawa and Muto (2016))では、いくつかの事象が米ドルの慣性に及ぼす効果について実証分析を行った。我々の発見の1つは、ユーロの導入によってユーロの効用への貢献度が高まった一方、米ドルの効用への貢献度が変化しなかったことである。本稿は、ユーロの導入と世界金融危機が日本円の効用への貢献度に及ぼした効果に焦点を当てる。ユーロの導入によってスイス・フランと同様に日本円の効用への貢献度が有意に低下した。これは、ユーロの導入によってユーロの効用への貢献度が上昇したにもかかわらず米ドルの効用への貢献度が変化しなかったことを説明する。また、日本円の効用への貢献度は世界金融危機が発生した時期においても有意に低下した。このことから、ユーロ導入と世界金融危機の前後を通じて日本円は効用への貢献度において低下傾向にあった。

概要(英語)

The U.S. dollar has maintained its position as the key currency in the global economy even after the euro was introduced to some states of the European Union (EU) in 1999. This is evidence of inertia of the U.S. dollar as the key currency. Our previous study (Ogawa and Muto (2016)) conducted empirical analysis to investigate the effects of several events on the inertia of the U.S. dollar. This paper focuses on the effects of the introduction of the euro and the global financial crisis on the contribution of the Japanese yen to utility. The introduction of the euro significantly decreased the contribution of the Japanese yen to utility as well as that of the Swiss franc. It explains the finding that the introduction of the euro increased the contribution of the euro to utility while the contribution of the U.S. dollar to utility was unchanged. The contribution of the Japanese yen to utility has significantly decreased while the global financial crisis occurred. The Japanese yen has a declining trend in terms of its contribution to utility both before and after the introduction of the euro and the global financial crisis.