日本語タイトル:日本の都市の人口規模と産業構造の変遷(1980-2010年): 恒常的な撹乱と頑健な秩序の存在

Evolution of Sizes and Industrial Structure of Cities in Japan from 1980 to 2010: Constant churning and persistent regularity

執筆者 森 知也 (ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2017年2月  17-E-013
研究プロジェクト 経済集積の空間パターンと要因分析のための実証枠組の構築
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、1980〜2010年の日本経済の変遷を、都市圏の人口規模と産業構造の視点から実証的に分析するものである。日本における都市化は1970年代までに一段落し、以降は、近隣都市圏群の合併吸収による都市が巨大化する次の段階に移行した。1980・2010年の両時点において存在する都市圏の人口は、平均成長率が24%と、総人口成長率9%に対して大きく増加している。一方で、製造業小分類に関して、個々の都市圏の産業構造に注目すると、個々の都市圏における立地産業は30年間で平均30%以上も入れ替わっていることが分かる。このように、都市圏群は、人口・産業分布について顕著な撹乱を経験してきた。一方で、都市圏の規模と産業構造の関係に着目すれば、個々の産業の立地都市圏数と、その産業の立地都市圏の平均人口規模は、30年間通してほぼ一定の対数線形関係を保ってきた。本稿では、上記の事実を示すとともに、この秩序の政策的インプリーケションおよび背後にあるメカニズムについて議論する。

概要(英語)

This paper investigates the evolution of the Japanese economy between 1980 and 2010 from the viewpoint of population and industrial structure of cities. With the rural-to-urban transformation settling by the 1970s, Japan experienced the second stage of urbanization through the integration of nearby cities. This led, on average, to a disproportionate 24% population growth of a set of core cities. In the meantime, cities experienced substantial churning of industrial composition: on average, 35% of the three-digit manufacturing industries present in a city in 1980 had left by 2010, while on average, 30% of industries present in a city in 2010 were absent in the same city in 1980. Remarkably, these substantial relocations of population and industries among cities took place while preserving a simple yet rigid relationship between the size and industrial composition of cities characterized by the roughly constant elasticity between the number and average size of cities in which an industry was present. This paper discusses the policy implications of this persistent regularity and the possible underlying mechanisms.