日本語タイトル:移民や海外直接投資のネットワークは海外からの知的財産収入を増やすか?

Do Migrant and Business Networks Promote International Royalty Receipts?

執筆者 友原 章典 (リサーチアソシエイト)
発行日/NO. 2017年1月  17-E-006
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、国際的な人の移動や直接投資のネットワークが、知的財産貿易にどのような影響を与えているかを、日本(またはアメリカ)とOECD加盟国間のデータを使用して分析するのである。有形資産の貿易と移民の関係に関する既存研究および貿易と海外直接投資の関係に関する既存研究を合わせて、包括的に研究を行っている点が本稿の特色となっている。分析によると、日本(アメリカ)に住む外国人(移民)の数と知的財産の輸出には正の相関があることが示された。しかし、それ以外のネットワーク、特に、海外・対内直接投資の影響は普遍的なものではなかった。これは、民族によるネットワーク効果および貿易と直接投資の相互作用という2つの効果が相反して作用するためである。国内への外国人の流入は知的財産の輸出に正の相関があるが、国外への国民の流出および海外・対内直接投資の効果は、知的財産貿易の発展段階によって異なると考えられる。

概要(英語)

This study examines how migration and business networks affect trade on intellectual property using bilateral data on Japan (or the United States) and the Organisation for Economic Co-operation and Development (OECD) member countries. The analyses are distinct in that they examine network effects comprehensively by combining previous works on tangible trade-migration relationships, together with the literature on trade-foreign direct investment (FDI) relationships. We show that intellectual property exports are positively related with the number of immigrants residing in Japan (or the United States). However, other network effects, specifically business networks, are not necessarily universal because two forces, i.e., network effects and trade-FDI interactions, could operate in opposite directions. We conclude that positive immigration network effects occur, but emigration and business network effects could vary depending on the development stages of intellectual property trade.