日本語タイトル:上司が部下のメンタルヘルスと生産性に与える影響:パネルデータを用いた検証

Good Boss, Bad Boss, Workers' Mental Health and Productivity: Evidence from Japan

執筆者 黒田 祥子 (早稲田大学)/山本 勲 (ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2016年12月  16-E-101
研究プロジェクト 企業・従業員マッチパネルデータを用いた労働市場研究
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、上司と部下とのコミュニケーションや上司の仕事遂行能力の違いが、部下のメンタルヘルスや生産性にどのような影響を及ぼしているかを検証したものである。本稿では、同一個人を追跡調査したデータを元に、それぞれの労働者から集めた上司に関する情報を利用して、どのような上司の下で働く労働者が、メンタルを毀損したり、生産性を低下させたりする傾向にあるのかを検証した。推計の結果、性格特性や元々のメンタルのタフさといった労働者個々人に固有の要因や、労働時間や仕事の負荷といった業務に関連する情報を統御したとしても、上司と部下との間のコミュニケーションの良さや上司の仕事遂行能力の違いが、部下のメンタルヘルスに統計的に見て有意に影響を与えていることが明らかとなった。また、「プレゼンティイズム(生産性の低下度合いを測る労働者の主観指標)」と、「過去1年以内に転職を考えたか」という2つの生産性指標に対しても、上司とのコミュニケーションと上司の仕事遂行能力が統計的に有意に影響していることが分かった。これらの結果は、上司と部下との悪い関係は部下のメンタルヘルスを毀損させているだけでなく、生産性の低下や離職を通じて、企業業績にも大きく影響をもたらしうることを示している。

概要(英語)

It is widely believed that the relationship between a supervisor and his/her employees greatly affects employees' well-being and/or productivity. However, only a few papers in the economics literature analyze how supervisors influence employees' well-being and enhance productivity. This paper uses longitudinal data of employees with information about their immediate bosses' ability, management skills, and characteristics (such as competency, communication skills, and personality traits) to investigate the influence of supervisors on employees. The main findings are as follows. First, even after controlling for individual-specific fixed effects and other job characteristics, such as those proposed in the job strain model, we find that supervisors' good communication with staff and competency in managerial tasks significantly improve employees' mental health. Second, we find that good communication between the boss and his/her staff enhances the latter's productivity and lowers presenteeism. Third, supervisors' bad communication and low competency increase the probability of quitting. Fourth, good communication partially depends on boss-staff compatibility, which is governed in part by their combined personality traits.