日本語タイトル:特許権の権利範囲画定への特許審査の貢献:日本の特許データに基づく検証

Contribution of Patent Examination to Making the Patent Scope Consistent with the Invention: Evidence from Japan

執筆者 岡田 吉美 (一橋大学)/内藤 裕介 (一橋大学)/長岡 貞男 (ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2016年11月  16-E-092
研究プロジェクト 産業のイノベーション能力とその制度インフラの研究
ダウンロード/関連リンク

概要

特許権の権利範囲の広さが発明の技術水準に対する貢献の程度に見合ったものになっていることは、特許制度がイノベーションを促進するための最も重要な要件の1つである。特許権者はできる限り広い権利範囲を獲得しようとするため、特許権の権利範囲を適正な範囲に縮減することは特許審査の重要な役割である。本研究は、この特許審査の機能に関する本格的な初の実証研究である。本研究は次のことを見出した。特許出願の審査の結果、成立した特許権の実に約3分の2は出願当初の権利範囲よりも縮減した権利範囲で特許権が設定されていた。そして、特許権者が当初広い権利範囲を請求した場合には、権利範囲が縮減された出願の割合および縮減の程度はともに増大し、特許権者が明細書中で明らかにした先行技術の開示の質が高い場合には、権利範囲が縮減された出願の割合および縮減の程度はともに減少した。これらの事実は、適正な権利範囲に設定するという特許審査の役割が非常に大きいことを示している。また、重要な発明(発明者数、出願人前方引用数、米国特許の有無で計測)ほど権利範囲が縮減された出願の割合は増大した。このことは、審査官は時間的制約がある中で超過的な権利範囲の設定に伴う経済的損失(死荷重など)を効果的に減少させるために時間を効率的に配分するという、本研究の特許審査の経済モデルに整合している。

概要(英語)

Delineating the patent scope consistently with the contribution of the disclosed invention is one of the most crucial requirements for a patent system to promote innovation effectively. Given the incentive of an applicant to set a scope for the patent as broad as possible, an important task of the Patent Office is to narrow it so that it becomes commensurate with the invention. This study analyzes empirically how significantly the Patent Office delivers this important function through patent examination, focusing on product patents in four major technology areas. We find that, often (i.e., two-thirds of the granted patents), the patent's scope is narrowed as an outcome of the patent examination. In addition, both the incidence and the extent of such narrowing increase when the applicant chooses broader claims and decrease when the quality of prior art disclosure by the applicant is higher, suggesting that patent examination indeed contributes to making the patent scope consistent with the contribution of the invention. We also found that a more important patent application experiences more the narrowing event, consistent with our simple model of examination where an examiner aims at reducing the economic cost due to excess claim such as deadweight loss, subject to time constraint.