日本語タイトル:人口動態と租税競争の政治経済学的分析

Demographics and Tax Competition in Political Economy

執筆者 森田 忠士 (近畿大学)/佐藤 泰裕 (東京大学)/山本 和博 (大阪大学)
発行日/NO. 2016年9月  16-E-091
研究プロジェクト 都市システムにおける貿易と労働市場に関する空間経済分析
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿では、人口動態が地域経済政策に及ぼす影響を、租税競争を例にとり分析した。特に、政策が政治的過程により決まる状況を分析するため、ここでは多数決投票を想定した二期間世代重複モデルを構築した。こうした想定の下では、人口が増える局面では、若年世代が多数派となり、逆に、人口が減る局面では、老年世代が多数派となる。分析の結果、後者においては、前者よりも、公共財供給が過剰に行われる可能性が高いことが分かった。

概要(英語)

We examine the possible impacts of demographics on the outcomes of capital tax competition in political economy. For this purpose, we develop an overlapping generations model wherein public good provision financed by capital tax is determined by majority voting. When a population is growing, younger people represent the majority, whereas when a population is decreasing, older people represent the majority. We show that the race to the bottom is likely to emerge in the economy with growing population whereas the race to the top might emerge in the economy with decreasing population.