日本語タイトル:政策の不確実性と直接投資:日中領土紛争の影響

Policy Uncertainty and Foreign Direct Investment: Evidence from the China-Japan islands dispute

執筆者 陳 誠 (香港大学)/千賀 達朗 (ロンドン大学)/孫 昶 (プリンストン大学)/張 紅咏 (研究員)
発行日/NO. 2016年9月  16-E-090
研究プロジェクト RIETIデータ整備・活用
ダウンロード/関連リンク

概要

一時的な不確実性のショックは経済活動に長期的な影響を及ぼすのか? 本稿では、日本の多国籍企業のデータを用いて2012年に日中領土紛争の予期せぬエスカレーションが経済に与える影響を分析する。差分の差分法(difference-in-differences)による分析の結果から、日本企業の中国現地法人の現地販売は一時的に急激な減少が直接投資(FDI)の長期的な減少をもたらしたことが明らかになった。また、現地販売の急速な回復にも関わらず、日本企業は現地販売を過小評価する傾向が現れ、悲観的な予測を立てた企業が非常に多くなった。これらの結果は、外生的なショックが企業の経営判断に大きな影響を与えたことによって、企業がテール・リスクを回避するような行動を取ったことを示唆している。

概要(英語)

Can a temporary negative shock generate long-lasting effects on economic activities? To show causal evidence, we utilize data from Japanese multinational corporations (MNCs) and explore the economic impact of the unexpected escalation of an islands dispute between China and Japan in 2012. Our difference-in-differences (DID) estimation substantiates that a sharp but temporary fall in the local sales of Japanese MNCs in China led to a persistent downward deviation in the trend of foreign direct investment (FDI). Moreover, despite the quick recovery of local sales, Japanese MNCs in China have continued to underestimate this figure, which has generated pessimistic and more dispersed forecast errors since the islands crisis. We view this as evidence for a belief-driven channel through which a large and unexpected shock leads agents to revise their beliefs and start tail risk hedging.