日本語タイトル:多国籍企業・企業内貿易と雇用のボラティリティ

Multinationals, Intrafirm Trade, and Employment Volatility

執筆者 樋口 美雄 (慶應義塾大学)/清田 耕造 (リサーチアソシエイト)/松浦 寿幸 (慶應義塾大学 / KU Leuven)
発行日/NO. 2016年9月  16-E-087
研究プロジェクト 企業成長のエンジンに関するミクロ実証分析
ダウンロード/関連リンク

概要

本研究は、雇用のボラティリティ(雇用成長率の変動)と企業の国際化の関係を実証的に明らかにしようとするものである。本研究では1994年から2012年の日本企業のパネル・データをもとに、1) 多国籍企業と輸出入企業との違い、2) 製造業と卸小売業の違い、3) 企業間貿易と企業内貿易の違い、を分析している。本研究における主要な結果の1つは、製造業では輸出は雇用のボラティリティを小さくするが、企業内貿易(輸出)に従事していると、その程度によって、雇用のボラティリティは大きくなるということである。一方、卸小売業では輸出は雇用のボラティリティに対し統計的に有意な影響をもたらさない。これらの結果は、企業内貿易を通じた海外の需要・供給ショックの雇用への影響は、製造業と卸小売業で大きく異なっていることを示唆するものである。

概要(英語)

This paper examines the theoretically ambiguous relationship between the volatility of employment growth and the foreign exposure of a firm. We use unique firm-level data for Japan for the period 1994-2012, which allow us to examine the differences between 1) multinational firms, trading firms, and nontrading firms; 2) manufacturing and wholesale and retail trade; and 3) intrafirm and interfirm trade. One of the major findings is that, in manufacturing, the effect of exports on the volatility of employment varies depending on the share of intrafirm exports to total sales. In contrast, in wholesale and retail trade, exports do not have significant effects on employment volatility. The results suggest that intrafirm trade transmits the effects of foreign demand and supply shocks differently between manufacturing and wholesale and retail trade.