日本語タイトル:信用制約と多様な期待の下での内生的経済変動と社会厚生について

Endogenous Fluctuations and Social Welfare under Credit Constraints and Heterogeneous Beliefs

執筆者 Maurizio MOTOLESE (Università Cattolica del Sacro Cuore)/中田 啓之 (上席研究員)
発行日/NO. 2016年8月  16-E-082
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、Kurz (1994)の意味でのRational Beliefというケースに焦点を当て、多様な期待の下での世代重複(OLG)金融経済モデルにおける生産高と社会厚生の関係を分析する。具体的には、期待の分布が、内生変数である無リスク資産の正味供給量に影響を与え、さらに総生産高にも影響を及ぼすようなモデル、すなわちコーディネーションが問題となるようなモデルを分析する。社会厚生の測定については、期待の多様性を反映させるため、通常の事前の基準を用いず、Hammond (1981)の意味での事後の基準を用いる。シミュレーションの結果、総生産高と社会厚生との間が相反する関係になりうることが示された。すなわち、GDPのように広く用いられているマクロ経済変数が、政策評価を行うためには適切ではない可能性を示している。

概要(英語)

This paper examines the relationship between the aggregate output level and social welfare in an overlapping generations (OLG) model of a financial economy with heterogeneous beliefs by focusing on the case of rational beliefs in the sense of Kurz (1994). The aggregate output level is affected by the endogenously determined net supply of the riskless asset, which in turn is affected by the distribution of beliefs; thus, there is a coordination issue. To measure the social welfare, we adopt a measure that is based on the ex post social welfare concept in the sense of Hammond (1981), instead of the standard ex ante criterion to reflect the heterogeneous beliefs. Simulation results indicate that there may be an inverse relationship between the aggregate output and the social welfare. The results suggest that commonly used macroeconomic variables such as gross domestic product (GDP) may not be a very appropriate measure when making policy recommendations.