日本語タイトル:グローバルバリューチェーンとアジア諸国の産業競争力

Global Value Chain and the Competitiveness of Asian Countries

執筆者 清田 耕造 (リサーチアソシエイト)/及川 景太 (コンサルティングフェロー)/吉岡 克啓 (商工組合中央金庫)
発行日/NO. 2016年8月  16-E-080
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、1995年から2011年までの中国、インド、インドネシア、日本、韓国、台湾のアジア6カ国の国際的な産業競争力の変遷について、世界産業連関表(World Input-Output Table)により検証を行った。検証では、中間財輸入に大きく依存する場合産業競争力を過大推計するおそれのあるグロスの貿易額ではなく、自動車や携帯電話といった製造業の最終財に対しサービスセクターを含むバリューチェーン全体が貢献した付加価値額―グローバルバリューチェーン(GVC)所得―に基づいた。検証の結果、中国、インド、インドネシアにおいて製造業の競争力が上昇する一方、日本、韓国、台湾では低下傾向が確認された。この結果は、GVC所得で見ても中国、インド、インドネシアの成長が顕著であることを示唆している。また、EU諸国とは違い、アジア諸国では、GVC所得の発生に寄与した労働者の増加と実質賃金の増加が同時に観測できることもわかった。これらの結果は、アジア諸国のGVCのパターンがEU諸国とは異なる様相を呈していることを示唆するものである。

概要(英語)

This paper examines the competitiveness of industries in six Asian countries—China, India, Indonesia, Japan, South Korea, and Taiwan—using the World Input-Output Database tables from 1995 to 2011. Competitiveness is measured by the value added that industries contribute to the production of final goods, which we refer to as global value chain (GVC) income, rather than by gross exports. We find that the competitiveness of manufacturing is increasing in China, India, and Indonesia, whereas it is decreasing in Japan, South Korea, and Taiwan. Even though we focus on the GVC income rather than gross exports, the increasing competitiveness of Chinese, Indian, and Indonesian manufacturing is remarkable. We also find that, unlike EU countries, Asian countries have generally been able to combine increasing GVC job opportunities with a rise in real income. The GVC income in Asian countries presents a different picture to that in European countries.