日本語タイトル:輸出振興セミナーは効果的か?-ランダム化比較試験による検証-

Are Seminars on Export Promotion Effective? Evidence from a randomized controlled trial

執筆者 Yu Ri KIM (東京大学)/戸堂 康之 (ファカルティフェロー)/嶋本 大地 (早稲田大学)/Petr MATOUS (シドニー大学)
発行日/NO. 2016年8月  16-E-078
研究プロジェクト 企業の国際・国内ネットワークに関する研究
ダウンロード/関連リンク

概要

本論文は、輸出振興のための情報提供および動機づけを目的としたセミナーの効果を検証する。セミナーはベトナムの衣料産業における中小企業を対象として行われたものであるが、自己選択による効果推計の偏りを是正するためにランダム化比較試験を行い、ランダムに選ばれた企業をセミナーに招待した。招待された企業の一部しか実際にセミナーに参加しなかったために、参加を表すダミー変数の操作変数として招待を表すダミー変数を利用した。その結果、セミナーの参加は、ほとんどの企業において輸出に対する準備行動や意識、実際の輸出に影響を及ぼさなかったことが見出された。しかし、規模の大きな企業や以前輸出経験がある企業、すなわち生産性が高く潜在力があると考えられる企業は、セミナーに参加することで輸出を始める(再開する)傾向が大きくなっていた。これらの結果は、生産性の高い企業に対しては情報提供が有効な輸出振興施策であるが、発展途上の企業に対しては生産性を向上させることが先決であることを示唆している。

概要(英語)

This paper investigates the impacts of informational and motivational seminars on export promotion targeting small and medium enterprises (SMEs) in the traditional apparel and textile clusters in Vietnam. To control for biases due to self-selection, we conducted a randomized controlled trial and invited randomly selected firms to participate in one-day seminars. Because only some of the invited firms participated in the seminars, we employ an instrumental variable approach in which dummies for random invitation are used as instruments for quantifying participation. We find that the seminars had no significant effect on most firms' preparation for, perception of, or engagement in exporting activity. However, the seminars encouraged large firms and firms with prior export experience, which possibly embody higher productivity and absorptive capacity, to (re-)start exporting. Our results suggest that productivity improvement is an effective means to encourage underdeveloped firms to export, whereas provision of information is effective for productive firms.