日本語タイトル:金融リテラシーは老後の不安を軽減するか?

Can Financial Literacy Reduce Anxiety about Life in Old Age?

執筆者 角谷 快彦 (広島大学)/Mostafa Saidur Rahim KHAN (名古屋大学)
発行日/NO. 2016年7月  16-E-076
研究プロジェクト 少子高齢化における家庭および家庭を取り巻く社会に関する経済分析
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は金融リテラシーが老後の不安を軽減するかを検証したものである。まず、我々は金融リテラシーの高い人は将来のための適切な蓄財行動を取ることで、不確実性に対処するので、老後の不安は小さくなるとの仮説を立て、次に日本の全国調査のデータとプロビット回帰分析を用いて、仮説を検証した。そして、金融リテラシーは老後の不安を有意に軽減することがわかった。この結果は、被験者の年齢、性別、教育年数、婚姻状況、家計資産、老後の生活費における年金のカバー率、子どもとの同居、健康維持のための運動習慣の変数をコントロールし、金融リテラシーの計測方法を工夫し、さらにモデルの頑健性を確認した後でも変らなかった。本結果は高齢化とリスクマネジメントにおける政策的含意を導出する。すなわち、政府は金融リテラシー教育を早期に導入することで、人々の老後の不安を軽減できるということである。

概要(英語)

This study examines whether financial literacy can reduce anxiety about life in old age. We hypothesize that financially literate people are better equipped to make saving decisions, plan for the future, and handle uncertainty, reducing their anxiety about life in old age. The study uses data from a nationwide survey in Japan and probit regression analysis to provide evidence that financial literacy can reduce anxiety about life in old age. The regression coefficients show that financial literacy has a significantly negative impact on the level of anxiety, a relationship that holds after controlling for age, gender, education, marital status, assets, expected social security coverage, house ownership, living with children, and exercise. The results are robust after using different methods to measure financial literacy, and have implications for policies related to aging and risk management. Since financial literacy helps people to reduce risks and uncertainties effectively, policymakers should consider emphasizing financial literacy education early in life to lower anxieties about life in old age.