日本語タイトル:間接輸出と卸売企業:企業間取引ネットワークデータを用いた実証分析

Indirect Exports and Wholesalers: Evidence from interfirm transaction network data

執筆者 藤井 大輔 (研究員)/大野 由香子 (慶応義塾大学)/齊藤 有希子 (上席研究員)
発行日/NO. 2016年5月  16-E-068
研究プロジェクト 組織間の経済活動における地理的空間ネットワークと波及効果
ダウンロード/関連リンク

概要

国際貿易において、かなりの割合が卸売企業により促進されており、製造業が製品を海外市場に間接的に輸出することを可能にしている。本研究は、日本の大規模な企業間取引ネットワークデータを用いて、直接貿易と間接貿易の性質を明らかにした。まず、メリッツタイプの貿易モデルで間接貿易を含めたAhnらのモデルでは、直接貿易企業、間接貿易企業、国内取引企業の間に、企業規模に関するソーティングがあることが予測されており、我々は、規模変数として、売上高、仕入先の数、販売先の数、労働生産性を用いて、このパターンを検証した。次にマルチノミアルロジット分析により、3つの貿易パターンを分析したところ、直接貿易の方が、モデルで推定される切片は小さく(固定費用が大きく)、規模依存性は大きい(限界費用が小さい)ことが観測され、モデルと整合的な結果を得た。さらに、仕入先の数は、特に直接貿易する確率を高くすることが確認され、固定費用を仕入先とシェアしていることが推測される。また、販売先の数の貿易する確率に与える効果は、間接貿易と直接貿易とも同程度であることが確認された。国内市場に多くの販売先を持つ企業は、高い商品価値があり、広い需要があることを示唆している。

概要(英語)

A substantial fraction of international trade is facilitated by wholesalers, which enable manufacturers to indirectly export their products to foreign markets. Using large-scale Japanese interfirm transaction network data, this paper unveils the features of both indirect and direct exporters. We first build a simple Melitz-type model of trade in which firms can also export indirectly via intermediaries. The model predicts sorting of firms to direct, indirect, and non-exporters along the size dimension. This pattern is confirmed in the data as the distributions of sales, in-degree (the number of suppliers), out-degree (the number of customers), and labor productivity are ordered for direct, indirect, and non-exporters in terms of first order stochastic dominance. We then perform multinomial logit analysis for the three modes of export. Consistent with the model, the estimated intercept is lower and slope of sales is steeper for direct exporting. We also find that in-degree raises the probability of direct exporting, implying a cost sharing mechanism of firms with more suppliers. Out-degree raises the probability of exporting in general (both indirect and direct). This implies a higher product appeal and broader demand base for firms which have more customers in the domestic market. Industry heterogeneity in the propensity of indirect and direct exporting is also analyzed.