日本語タイトル:標準化はサイエンス・リンケージに影響を与えるか? -人工知能応用技術分野における事例-

Does Standardization Affect Science Linkage? A case of artificial intelligence applied technology field

執筆者 田村 傑 (上席研究員) /岩見 紫乃 (東京大学政策ビジョン研究センター) /坂田 一郎 (コンサルティングフェロー)
発行日/NO. 2016年4月  16-P-007
ダウンロード/関連リンク
  • 一時的に非公開とさせていただいております

概要

この研究では、科学技術研究における標準化の影響を検証する。この目的のために、学術論文、特許、標準からなる、知識構造をモデルとして提示している。構造を分析する手法として、クラスタリングの手法を用いた。デジタル情報をエンコード及びでコードすることを通じて音楽や、映像を伝送する標準化技術を研究対象とした。本研究の貢献として、1)学術論文、特許、標準から形成される、知識構造を発見したこと、2)標準化が学術論文と特許の間の関係に、サイエンス・リンケージの視点から影響を与えるかについて分析を行ったことにある。分析の結果、標準化は技術分野によっては、サイエンス・リンケージに影響をあたえ、研究者の研究業績に影響を与える効果が観察された。

概要(英語)

This study examines the influence of standardization in scientific technology research. For this purpose, we use the knowledge structure modeled by academic papers, patent filings, and standardization, and a clustering analysis for the research method. As the research subject, we studied image-digitizing technology de jure standard that is used to encode and decode the transmission of audio and video. The technology is widely analyzed by artificial intelligence technologies such as machine learning. Our study contributes in several ways. First, it provides a new knowledge structure consisting of (1) patents, (2) academic papers, and (3) standardization. Second, it determines whether standardization (1) has the influence to change the relationship between academic papers and patents in terms of a science linkage specifically relating to standardized technology and (2) influences the academic productivity of researchers in the technology field.