日本語タイトル:資本収益率の低下と無形資産の役割

Declining Rate of Return on Capital and the Role of Intangibles in Japan

執筆者 宮川 努 (ファカルティフェロー)/滝澤 美帆 (東洋大学)/外木 好美 (神奈川大学)
発行日/NO. 2016年3月  16-E-051
研究プロジェクト 無形資産投資と生産性 -公的部門を含む各種投資との連関性及び投資配分の検討-
ダウンロード/関連リンク

概要

日本では、バブル崩壊後資本収益率の低下が続き、このことが近年の設備投資の低迷の用意の1つとなっている。本稿は、JIPデータベースを利用してこの資本収益率の要因をデータの観察および推計の双方から検討する。まず資本収益率は、資本係数と資本分配率に分解できるが、資本係数は90年代以降大きく上昇し、資本分配率も最近期では90年代と同じ水準に低迷している。この資本収益率を産業別にみると、全体的な低迷の中で、変動係数の上昇が見られ、かつマイナスの収益率となっている産業(活動)が増加している。このため産業レベルのデータを利用して、資本収益率低迷の要因を推計した。推計は基本的に要素価格フロンティアモデルを用いているが、資本収益率を上昇させる要因として、無形資産の効果に着目した。推計の結果、人材育成投資が資本収益率の増加要因として有意になっていることが確認できているが、この投資はバブル崩壊後大きく低下しているため、この投資の減少が資本収益率の低下に大きく寄与していると考えられる。一方本来は相乗効果が期待されるIT投資やR&D投資などの無形資産投資が資本収益率を上昇させる効果は曖昧である。これはChun et al. (2015)で指摘したように、日本の組織が無形資産投資を有形資産の収益率の増加にうまく結び付けられない組織構造になっているためであると考えられる。このため、日本が資本収益率を高めるためには、政策的に人材育成を促進することに加え、無形資産が活用しやすい組織づくりへと日本企業が自己革新をしていく必要がある。

概要(英語)

Since the collapse of the bubble economy, economic growth rates in Japan have slowed down as a result of low capital accumulation. We focus on the low rate of return on capital, which led to this slow capital accumulation. We find that the increase in the capital/output ratio and low capital share led to the low rate of return on capital. Not only has the rate of return on capital declined, but also its variance has grown and the number of industries with negative rates of return has increased. Then, we estimate a modified factor price frontier model using industry-level data. In our estimations, the profit rate is explained not only by the real wage but also by intangible investments. Estimation results show that investment in human resources leads to an increase in the profit rate. However, the complementary effects between information technology (IT) or research and development (R&D) capital and tangible capital are indefinite as suggested by Chun et al. (2015). Our study implies that the government should take a comprehensive innovation policy including improvements in human resources and organizational structure as well as IT and R&D investments to revitalize capital formation in Japan.