日本語タイトル:人民元の国際化:日本の企業データに基づく分析

The International Use of the Renminbi: Evidence from Japanese firm-level data

執筆者 佐藤 清隆 (横浜国立大学)/清水 順子 (学習院大学)
発行日/NO. 2016年3月  16-E-033
研究プロジェクト 為替レートと国際通貨
ダウンロード/関連リンク

概要

中国人民元の国際化に関する研究が近年盛んに行われている。特に貿易取引における人民元の使用の拡大に注目した研究が多く発表されているが、残念ながら貿易取引の詳細なデータに基づく分析はまだ発表されていない。本稿は、日系現地法人を対象として行った2010年と2014年に行ったアンケート調査結果に基づき、中国や他のアジア諸国で事業を展開している日系現地法人の貿易における人民元の使用状況を明らかにしている。アジアにおける活発な域内貿易の中心に位置するのは中国であり、その主体となるのは中国に進出している多国籍企業である。本稿は日系現地法人を事例とした、中国における多国籍企業の貿易建値通貨選択行動の研究として位置付けることができる。2010年調査と2014年調査における貿易建値通貨選択行動を比較検討した結果、中国所在日系現地法人は海外との輸出入における人民元の使用を伸ばしていないことが確認された。例外的に、日本の本社企業との企業内貿易においてのみ人民元建て取引の増加が顕著に確認された。中国以外のアジア諸国に所在する日系現地法人は、対中国取引を除いて人民元をほとんど使用していないことが明らかになった。

概要(英語)

The use of the Chinese renminbi (RMB) is said to have been increasing in recent years for trade invoicing, due to active promotion policies by the Chinese government. However, only patchy information has been presented in the literature on the use of the RMB in Chinese trade. Since China plays the role of a regional and global manufacturing hub and foreign multinational companies (MNCs) actively operate there, it is necessary to investigate to what extent MNCs use the RMB for trade invoicing especially in their intra-firm trade, but no empirical evidence has been presented. Utilizing firm-level information obtained from large-scale questionnaire surveys, this study presents new evidence of the use of the RMB by Japanese MNCs operating in China and other Asian countries along their regional and global production network. We find that although the RMB is extensively used for local sales and procurement in China, Japanese MNCs in China mainly use the U.S. dollar and, to a lesser extent, the yen in trade with other countries. However, we also observe that Japanese MNCs in China increased the use of RMB in intra-firm trade with Japan. RMB transactions will be growing further if it becomes easier for MNCs to conduct marry and netting for their trade settlements.