日本語タイトル:企業向け保険市場における逆選抜とモラルハザード-2011年タイ洪水からのエビデンス-

Adverse Selection and Moral Hazard in the Corporate Insurance Market: Evidence from the 2011 Thailand floods

執筆者 足立 大輔 (イェール大学)/中田 啓之 (上席研究員)/澤田 康幸 (ファカルティフェロー)/関口 訓央 (コンサルティングフェロー)
発行日/NO. 2016年3月  16-E-025
研究プロジェクト 大災害に対する経済の耐性と活力の維持に関する実証研究
ダウンロード/関連リンク

概要

本論文では、企業向け保険市場における逆選抜とモラルハザードの存在を実証的に検証する。自然災害は世帯や企業に対して分け隔てなく悪影響をもたらすものの、企業災害保険の役割は既存研究においてあまり研究されてこなかった。この穴を埋めるべく、本研究では、2011年のタイ洪水に関して実施した独自の企業調査データを用いた分析を行う。我々の目的は、洪水前後において保険加入がどのように分布していたのか、また保険加入が災害後の企業の生産や雇用にどのような影響を生み出したのかを明らかにすることである。我々の分析によると、洪水前の財産保険への加入率は被災地域において有意に高く、逆選抜の問題が発見 された。また、災害発生後に保険市場取引がなくなるという問題も生じた。また、事業休止保険加入とその保険金の受け取りはいずれも企業の生産・雇用に負の影響を与えており、モラルハザードの存在が見出された。

概要(英語)

We examine the existence of adverse selection and moral hazard in the corporate insurance market empirically. While natural disasters hit households and firms alike, corporate insurance against disasters have been under-investigated in the literature. To bridge this gap, we employ a unique firm dataset on the 2011 Thailand floods exclusively collected for this study. We aim to uncover how insurance subscription is geographically diversified before and after the floods and how insurance subscription and payment are associated with firms' production and employment levels after the floods. We find that the property insurance subscription before the floods was systematically higher amongst firms located in the areas directly affected by the floods than amongst others, indicating adverse selection, while the market is missing after the floods. Also, both insurance subscription and payment of business interruption insurance are negatively associated with firms' production and employment after the floods, suggesting the existence of moral hazard.