日本語タイトル:有形資産と無形資産の代替・補完関係 ―日本の企業レベルデータの分析―

Complementarity and Substitutability between Tangible and Intangible Capital: Evidence from Japanese firm-level data

執筆者 細野 薫 (ファカルティフェロー)/宮川 大介 (一橋大学)/滝澤 美帆 (東洋大学)/山ノ内 健太 (慶應義塾大学)
発行日/NO. 2016年3月  16-E-024
研究プロジェクト 企業成長のエンジンに関するミクロ実証分析
ダウンロード/関連リンク

概要

本研究は、2000年から2013年までの期間における日本の企業レベルパネルデータを用いて、物的(有形)資産と労働に加えて、ソフトウェア、研究開発(R&D)、および宣伝広告に対応する無形資産を生産要素として組み込んだ産業レベルの生産関数を推計したものである。得られた推定結果から、第1に、有形資産と無形資産の代替・補完関係に関して産業ごとに大きな異質性があることが確認された。第2に、推定された有形・無形資産の代替・補完関係を用いることで、物的資産投資と無形資産投資との間の関係をより正確に描写出来ることが分かった。これらの結果は、物的資産で計測された企業サイズの成長メカニズムを理解するうえで、有形・無形資産の代替・補完関係に関する特徴が有用な情報となり得ることを示唆している。

概要(英語)

Using Japanese firm-level panel data spanning from 2000 to 2013, we estimate industry-level production functions that explicitly take into account the substitutability and complementarity between tangible and intangible capital. The estimation results show substantial heterogeneity among industries in terms of substitutability and complementarity between tangible and intangible capital. We further find that the relation between tangible and intangible capital in the production function accounts for their relation in investments. These findings show the necessity to take into account the relation between the dynamics of tangible and intangible capital for precisely understanding the mechanisms governing a firm's growth.