日本語タイトル:輸出企業の国際間生産性格差

Understanding the Cross-country Productivity Gap of Exporters

執筆者 清田 耕造 (リサーチアソシエイト)/松浦 寿幸 (慶應義塾大学)/Lionel NESTA (OFCE-Science Po)
発行日/NO. 2016年3月  16-E-019
研究プロジェクト 企業成長のエンジンに関するミクロ実証分析
ダウンロード/関連リンク

概要

本研究は、輸出企業の国際間の生産性格差を輸出市場へのセレクションの効果と産業の競争力(産業全体の平均的な生産性)の効果に分解する新しい手法を提示したものである。さらに、この手法を利用することで、輸出企業の国際間の生産性格差が3つの変数―1) 産業の競争力、2) 輸出企業比率、3) それぞれの国の輸出プレミア―から導出できることも明らかになった。実証分析では、輸出企業の国際間生産性格差には、競争力だけでなくセレクションの効果が強く働いていることがわかった。本研究の結果は、輸出企業の生産性格差を論じる上では、産業の競争力を比較するだけでは十分ではなく、セレクションの効果を考慮する必要があることを示唆している。

概要(英語)

This paper develops a framework that decomposes the international productivity gap of exporters into a selection effect and a competitiveness effect. This framework implies that the international productivity gap of exporters between two countries can be explained by three variables: the average productivity gap, the export participation rates, and the export premia within each country. The empirical analysis reveals that the exporters' productivity gap does not exclusively reflect the competitiveness of the industry, mainly because of the selection effect. These results imply that both the competitiveness and selection effects matter for explaining the cross-country productivity gap of exporters.