日本語タイトル:業況見通しの不確実性と設備投資

Business Uncertainty and Investment: Evidence from Japanese companies

執筆者 森川 正之 (理事・副所長)
発行日/NO. 2016年2月  16-E-014
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、日本企業を対象としたサーベイ・データに基づき、業況や設備過不足の先行き不確実性の時系列的な動向、これらの不確実性が設備投資計画に与える影響についての観察事実を提示する。結果の要点は以下の通りである。第1に、リーマン・ショックの際に不確実性の大幅な拡大が見られたのに対して、2014年の消費税率引き上げは不確実性を増大させていなかった。第2に、製造業、中小企業は業況や設備過不足の先行き不確実性が非製造業、大企業に比べて高い。第3、不確実性が設備投資計画に対して負の影響を持っていることが示唆される。以上の結果は、安定的なマクロ経済運営、政策の実行に際して企業の予測可能性を低下させないことの重要性を示唆している。

(本稿は、日本語版のディスカッション・ペーパー(15-J-040)に加筆修正を行った上で、英語版にしたものである)

概要(英語)

This study, using data from a representative quarterly business survey in Japan, constructs measures of business uncertainty and presents empirical findings about the time-series properties of business uncertainty measures, and runs simple regressions to analyze the relationship between these measures and companies' investments. The analysis results show, first, that business uncertainty heightened at the time of the collapse of Lehman Brothers, but the effect of an increase in the consumption tax rate in 2014 on business uncertainty was small. Second, manufacturing and small companies tend to face higher business uncertainty than non-manufacturing and large companies. Third, we detect a negative association between business uncertainty and investments. Finally, the uncertainty measures constructed from micro data of the business survey have an advantage over the forecast errors calculated from the publicly available aggregated data. These results suggest the importance of maintaining a stable macroeconomic environment and of avoiding unpredictable conduct of economic policies.