日本語タイトル:輸送費を内生化したもとでの貿易・産業政策

Backfiring with Backhaul Problems: Trade and industrial policies with endogenous transport costs

執筆者 石川 城太  (ファカルティフェロー) /樽井 礼  (ハワイ大学マノア校)
発行日/NO. 2016年1月  16-E-006
研究プロジェクト 貿易費用の分析
ダウンロード/関連リンク

概要

輸送費は、関税と同程度の貿易障壁となっていることが知られている。本論文は、輸送セクターを国際寡占モデルに明示的に組み込み、貿易および産業政策の効果を分析することを目的としている。輸送企業は、往路・復路両方の輸送量を勘案して輸送容量を決定するので、往路あるいは復路のどちらかで輸送容量がすべて利用されない可能性がある。これはバックホール問題と呼ばれ、それによって関税などの輸入制限政策が思わぬ影響を及ぼすことがある。本論文では、自国の輸入制限政策が、輸出制限につながり、自国企業に損失、外国企業に利益をもたらす可能性があること、ある財に対する貿易政策が、輸送費の変化を通じて代替関係が全くない他の財に影響を及ぼす可能性があることを示している。



概要(英語)

Trade barriers due to transport costs are as large as those due to tariffs. This paper explicitly incorporates the transport sector into the framework of an international oligopoly and studies the effects of trade and industrial policies. Transport firms need to commit to a shipping capacity sufficient for a round trip, with a possible imbalance of shipping volumes in two directions. Because of this "backhaul problem," trade restrictions may backfire: domestic import restrictions may also decrease domestic exports, possibly harming domestic firms and benefiting foreign firms. In addition, trade policy in one sector may affect other independent sectors.