このページではJavaScriptを使用しています。


Foreign Direct Investment in East Asia

印刷用ページへ

執筆者THORBECKE, Willem  (上席研究員)
Nimesh SALIKE  (Xi'an Jiaotong-Liverpool University)
発行日/NO.2013年03月  13-P-003
研究プロジェクトEast Asian Production Networks and Global Imbalances
ダウンロード/
関連リンク
本文をダウンロード[PDF:225KB] (英語)
日本語タイトル:東アジアにおける直接投資

概要

本稿では、東アジアにおける直接投資(FDI)に関する研究について概説する。東アジアにおけるFDIのパターンは時と共に変化している。1985年以降、60%台の円高を受け、日本の多国籍企業が生産拠点をアジアに移転させて以来、アジアによる対外直接投資が本格化した。当初、日本の主なFDIの投資先は韓国と台湾であったが、人件費が上がるにつれ、ASEAN諸国にシフトした。また、韓国や台湾の多国籍企業も他のアジア諸国への投資によって人件費増加に対応した。そして1997-1998年のアジア金融危機後は中国が人気の高いFDIの投資先となった。小島(1973)が指摘したように、東アジアにおけるFDIの顕著な特徴の1つは貿易との補完関係である。アジアにおける貿易とFDIの補完性の一因は地域の生産ネットワークの拡大である。最終製品ではなく、細分化された生産工程間で部品が取引される。細分化された価値連鎖を理解するには、細分化に伴って削減された生産コストと、地理的に離れた複数の生産モジュールを結ぶ際に要するサービスコストと比較することが有益である(木村・安藤、2005)。Baldwinと大久保(2012)はこれを「ネットワークFDI」と呼んでいるが、FDIの形態が複雑化し、水平型、垂直型、および輸出プラットフォーム型のFDIが程度の違いはあれ、同時進行している。特に日本の多国籍企業が採用している細分化戦略は、要素賦存など、立地上の優位性の違いに基づいて生産工程を複数の国に割り当てる。このタイプの生産細分化の典型例は、部品が小型・軽量で加工や組立の際、国から国への輸送が簡単なエレクトロニクス部門である。エレクトロニクス部門では、国のインフラの質がFDIを誘致する能力において重要な役割を果たしている。



Abstract

This paper surveys research on foreign direct investment (FDI) in East Asia. The pattern of FDI in the region has changed over time. Outward FDI from Asia began in earnest when Japanese multinational corporations (MNCs) shifted production to other Asian economies following the 60% appreciation of the yen that started in 1985. The major destinations for Japanese FDI initially were South Korea and Taiwan. However, as labor cost in these economies rose, Japanese FDI shifted to Association of Southeast Asian Nations (ASEAN) economies. MNCs from South Korea and Taiwan responded to the increase in labor costs by also investing in other Asian economies. Following the 1997-98 Asian financial crisis, China became a favored destination for FDI. As Kojima (1973) noted, one of the striking features of East Asian FDI is its complementary relationship with trade. The complementary nature of trade and FDI in Asia is partly due to the rise of regional production networks. Parts and components rather than final products are traded between fragmented production blocks. To understand the slicing up of the value chain, it is helpful to compare the production cost saving arising from fragmentation with the service cost of linking geographically separated production modules (Kimura and Ando, 2005). This has been called "networked FDI" by Baldwin and Okubo (2012). It is a complex form of FDI in which horizontal, vertical, and export platform FDI take place to differing degrees at the same time. The fragmentation strategy adopted especially by Japanese MNCs is to allocate production blocks across countries based on differences in factor endowments and other locational advantages. The paradigm example of this type of production fragmentation is the electronics sector, where parts and components are small and light and can easily be shipped from country to country for processing and assembly. In this sector, the quality of a country's infrastructure plays an important role in its ability to attract FDI.

ページトップへ