このページではJavaScriptを使用しています。


International Productivity Gaps and the Export Status of Firms: Evidence from France and Japan

印刷用ページへ

執筆者Flora BELLONE  (University of Nice Sophia-Antipolis and GREDEG)
清田 耕造  (ファカルティフェロー)
松浦 寿幸  (慶應義塾大学)
Patrick MUSSO  (University of Nice Sophia-Antipolis and GREDEG)
Lionel NESTA  (Observatoire Français des Conjonctures Economiques (OFCE))
発行日/NO.2013年03月  13-E-011
研究プロジェクト我が国の企業間生産性格差の規定要因:ミクロデータを用いた実証分析
ダウンロード/
関連リンク
本文をダウンロード[PDF:769KB] (英語)
ノンテクニカルサマリー
日本語タイトル:国際間生産性格差と輸出:日仏企業の比較分析

概要

本研究は、日仏製造業の大規模企業データをもとに、国際間生産性格差に関する新事実を提示しようと試みるものである。本研究の主要な結果の1つは、国際的な生産性格差が企業の輸出と密接に関連しているということである。具体的には、輸出企業の生産性格差は産業の平均的な生産性の格差と系統的に異なっており、日本の輸出企業の生産性の高い産業では、日仏輸出企業の生産性格差は大きくなる傾向にある。逆に、フランスの輸出企業の生産性の高い産業では、日仏輸出企業の生産性格差は小さくなる傾向にある。これらの結果は、日本企業がフランス企業よりも高い貿易コストに直面していることを示唆しており、近年の貿易理論の含意とも整合的である。



Abstract

This paper provides new evidence on the international productivity gaps; this evidence is built from large scale firm-level data from the French and Japanese manufacturing industries. Our primary finding is that international productivity gaps are sensitive to the export status of firms. We establish that the productivity gap between French and Japanese exporters differs systematically from the average industry gap—this gap is wider in the industries in which Japan has a productivity lead and narrower in the industries in which France has a productivity lead. We relate this basic finding to the new models of international trade with heterogeneous firms. Under this framework, our data predict that Japanese firms, on average, face higher trade costs than French firms.

ページトップへ