このページではJavaScriptを使用しています。

データ・調査

RIETI-TID2012

印刷用ページへ

「RIETI-TID2012 (RIETI Trade Industry Database 2012)」においては、東アジアの製造産業活動を貿易動向から把握する観点から、域内で貿易取引が活発な産業に焦点を絞りつつ、全ての貿易財を日本の産業連関表の統合大分類を基にして分類し、更に産業毎に生産工程別に整理した貿易産業分類表を作成した。これにより三角貿易構造について、産業別に生産工程間分業の進展を反映した分析を行い、対象国の競合、補完関係等の動的変化を明らかにする。

(注)RIETI-TIDに添えている年次表示は、従来は公表年度を表していたが、今回の公表(2014年3月5日)より、最新データの収録年次で表示するよう改めた。
したがって、ここでいうRIETI-TID2012とは、最新年次を2012年まで収録したデータベースであり、2014年3月4日まで掲載していたRIETI-TID2012(最新年次を2011年まで収録)の更新版である。

RIETI-TIDについて [PDF:329KB]

RIETI-TID2012

お問合せ先

経済産業研究所計量分析・データ担当
e-mail:keiryo-data@rieti.go.jp

ページトップへ