人的資本

急速な高齢化の進行による人口減少、グローバル競争の強まりなどの中で、資源小国である日本がその強みを活かしながら、経済活力・革新を維持・強化し、成長力を高めていくためには、人的資源の活用が大きなカギを握っている。労働者のインセンティブや能力を高めるような労働市場制度のあり方、幼児教育から高等教育、さらに、就業期の人材育成、高齢者の活用まで含めた、ライフサイクル全体の視点および女性活躍を含めたダイバーシティ推進の視点から雇用制度・システムの再構築、人的資本・人材力強化の方策などについて多面的、総合的な研究を行う。

プログラムディレクター

鶴 光太郎

鶴 光太郎(プログラムディレクター・ファカルティフェロー)

「人的資本」プログラムについて

活動中のプロジェクト

終了したプロジェクト

プログラム全体の研究成果

RIETIディスカッション・ペーパー