このページではJavaScriptを使用しています。

プロジェクトコンテンツ

新しい非営利法人制度研究会

印刷用ページへ

検討報告書

< 一括ダウンロード >[PDF:1.7MB]

< 分割ダウンロード >

はじめに [PDF:40KB]
(1)問題意識と背景
(2)研究会の位置付けとねらい
1.我が国における非営利法人制度の現況と課題 [PDF:480KB]
(1)現在の非営利法人制度の概観
  [1]法人制度
  [2]現在の非営利法人制度が有する問題点・課題
(2)現在の非営利法人制度が有する問題点・課題
  [1]主務官庁制と許可主義
  [2]曖昧な公益性の概念
  [3]法律により異なる「非営利性」の考え方
  [4]税制
  [5]財団法人の規定
2.どのような非営利法人制度でありたいか [PDF:68KB]
(1)なぜ、新しい非営利法人制度は必要か
  [1]新しい非営利法人制度が求められる社会的背景
  [2]新しい非営利法人制度が必要な理由
(2)今後、望ましいと考えられる非営利法人制度のあり方
  [1]今後、望ましいと考えられる非営利法人制度のあり方
  [2]新しい非営利法人制度がもたらす効果等
3.新しい非営利法人制度への提言 [PDF:188KB]
(1)新しい非営利法人制度設計に当たっての基本的なスタンス
  [1]非営利法人制度全般について
  [2]新公益法人類型の創設
  [3]支援税制適用について
(2)各論
  [1]非営利法人制度全般(一般の非営利法人)
  [2]新公益法人
  [3]支援税制の適用法人
  [4]審査機関
  [5]法制度上の位置付け
4.新しい非営利法人制度に向けて [PDF:168KB]
5.公益法人改革における議論のポイント [PDF:288KB]
(1)公益法人改革の流れ
(2)「論点整理」の概要
  [1]公益法人改革の抜本的改革の必要性
  [2]非営利法人制度のあるべき姿
  [3]非営利法人制度改革の方向性
(3)「論点整理」に関する議論のポイント
  [1]問題点の認識について
  [2]34条法人・NPO法人・中間法人の一本化は妥当な考えか
  [3]財団法人の取り扱い
  [4]準則主義
  [5]法人運営の適性化の確保
  [6]事後チェック機関
(4)税制に関する議論のポイント
  [1]原則課税
  [2]登録非営利法人(仮称)
(5)公益法人制度の抜本的改革に関する基本方針について
参考資料集 [PDF:612KB]
1.我が国における非営利法人の種類
2.主な非営利法人格における制度比較
3.法人税法が定める収益事業33業種と適用の範囲
4.準則主義で非収益事業非課税が適用される法人
5.公益法人改革を取り巻く流れ
6.公益法人の現況と指摘されている問題点等についての考察
7.イギリスにおけるチャリティ改革の概要
8.ドイツの財団関連の改革の概要

ページトップへ